老人性うつとは?

心の風邪の情報が満載!

老人性うつは65歳以上の人がかかるうつ病のことです。
その兆候としては1日中ぼーっとしているとか、なんとなく元気がないという症状が見られます。
そのため認知症と間違われることがあります。
うつ病は早く気付いて治療すれば治すことが可能です。
しかし認知症と間違われやすいので初期に気づかずに悪化してしまうことがあります。
いつもと様子がおかしいと思ったらすぐ、病院に連れて行って医師に診断してもらうようにしましょう。

老人性のうつの症状はどんな兆候がある?

老人性のうつの症状はどんな兆候がある? 老人性うつの症状には頭痛やめまい、食欲不振等の身体的な不調を訴えることがよくあります。
そのため家族は内科や外科に行くことになるのですが、そこでは異常が見つからないということになります。
それ以外にも不安や焦燥感を訴えるという兆候もあります。
このような症状が見られたら老人性うつを疑って受診してみてください。
そのまま放置しておくと最悪自殺というに至ることもありますので、そうならないように早期に心療内科やメンタルケア、精神科等を受診することをおすすめします。
老人性うつの原因としては、仕事がなく特にやることもないとか、家族や友人に合う機会が少ない、趣味がない等の原因が考えられます。
また配偶者やペットが亡くなったという心理的要因も原因になります。

老人性うつという病気と、その症状について。

老人性うつという病気と、その症状について。 勉強に人間関係にとストレスの溜まりやすい子供時代、大人になると仕事や育児の辛さも加わります。
定年退職して悠々自適の毎日と思いきや、やりがいを失い人間関係も希薄になる中でまた違ったストレスが加わってくるのです。
こうして、日本人はいまや世代を超えてうつ症状に悩む方が増えています。
その中でも、65歳以上の高齢者のうつ病を老人性うつと呼びます。
老人性うつになると、1日中ボーっとしていたり何となく元気が無かったりという様子が見受けられますが、それらは認知症の初期にも見られる症状であり、老人性うつは正しく判断されることが少ないです。
早期に正しい治療を行えば治る病気ですから、認知症だろうと決め付けず、症状を正しく観察して適切な病院に行くようにしましょう。
頭痛・めまい・食欲不振・肩こりやしびれに吐き気と身体的な不調も出てくるのが特徴です。
とはいえ、これらも年齢を重ねたからこそのものと疑った見抜けなかったりします。
このまま放置していたり、違った処置を行っていると悪化する一方、そして最悪の場合は自殺に至るケースもあり危険です。
特に、定年退職や子供の独立・配偶者との死別といった精神面での激しい変化後に出てくることが多いので、しばらくは両親の様子をよく観てあげましょう。

心の健康に関する情報リンク

老人性うつ