老人性うつとは?

心の風邪の情報が満載!

老人性うつの症状の特徴

老人性うつの症状の特徴 老人性うつでは、身体的な不調が多く現れます。
例えば頭痛やめまいに不眠、腹痛に胸の痛み、さらには体のしびれや食欲不振など他にもさまざまな身体の不調を訴えるようになるのです。
原因を知るためにどれだけ医療機関で検査を受けても、特別に異常が見当たらないため、本人や家族も原因がわからず悩むことになります。
身体的なものだけでなく不安感や焦燥感に襲われたり、落ち着きがなくなるまたはボーっとする、それまで好きだったことに興味を示さなくなるような精神的な症状も現れてくるのが特徴です。
老人性うつの特徴は、一見すると認知症に似ているので混同してしまうことがあり、発見が遅れがちになります。
家族に高齢者がいる場合、このような症状がみられるようになったら、うつを疑う必要があります。
いつからでもどんな事がきっかけになるかわからない病気ですので、病状がひどくならないうちに早期に医師の治療を受けなければ、最悪の場合自殺につながることも考えられます。

老人性うつが疑われる症状にはどのようなものがあるのか

老人性うつが疑われる症状にはどのようなものがあるのか 老人性うつは65歳以上の年齢の人がかかるうつ病のことだと言われています。
その症状には気分が落ち込む、今まで好きでやっていたことに興味がなくなる、死を望むなどの心理的なものと、寝付きが悪くなったり早朝に目覚めて眠れなくなる睡眠障害のように身体的なものが見られます。
他にも身体的な症状としては、食欲の低下や頭痛、肩こりなどが見られることもあります。
老人性うつが若年層のうつ病と違う部分は、うつ病の患者さんによく見られる抑うつ状態が目立たないことがあるという点です。
記憶力が低下したことを訴えて認知症外来を受診すると老人性うつによるものだったというケースがありますし、息苦しさやめまい、頭痛などを訴えて内科を受診して原因がわからないと言われる例も多く見られます。
高齢者がうつになると妄想や不安、緊張に悩まされることもあるので注意が必要です。
例えば、不治の病にかかってしまったと思い込む心気妄想や、財産があってもお金がなくてもう生きられないと思う貧困妄想などがあるので、高齢者の方の様子がおかしい、元気がない状態が続いているといったことがあれば老人性うつを疑ってみてください。