老人性うつとは?

症状が悪化する原因

症状が悪化する原因

症状が悪化する原因 一般的に「うつ病」は世代を問わずに発症しやすい病ですが、65歳以上の高齢者が鳴る場合には「老人性うつ」と定義されます。
老人性うつの症状として、意欲の軽減が見られてそれと共に、倦怠感や下痢や便秘などの胃腸不良などの体調不良も出やすくなります。発症の原因として考えられているのは、男女問わずにライフスタイルの変化によるものが大きいでしょう。定年を迎えることで家にいることが多くなったり、子供の自立によりからの巣症候群に陥ったり、自分自身が病を発症するなどによって行動が制限されるなどです。
老人性うつ病が悪化しやすいのは、こうした変化に対してやみくもに急いで「事態を受け入れる」ことを優先させることです。うつ病全般に言えることではありますが、「頑張らせること」でますます悪化してしまう傾向があります。本人の症状の重さに合わせて周囲の人々も、無理強いをさせることなく、ゆったりとした気分で接することがおすすめです。

老人性うつの症状にはどのようなことがあるのか

老人性うつの症状にはどのようなことがあるのか 老人性うつは正式な病名ではなく、一般的に65歳以上の方がかかってしまううつ病のことを指しています。うつ病のように頭痛やめまい、肩こりや吐き気、食欲不振や耳鳴りといったことが起きいつも体のどこかに不調を感じている状態になってしまいます。さらに落ち着きがなくなったり出不精になったりと今まで明るい人柄だったのが急に暗くなった、といった症状が起こります。
老人性うつの原因は、定年退職をして特にやることがないことや子供が独立したということ、夢中になれる趣味がないや環境が変わったなどの環境的要因が一つと、配偶者や大切にしていたペットが亡くなったことや重い病気になった、病気がなかなか治らず後遺症が心配、仲の良い友達に悪口を言われた、などの心理的要因があげられます。多くの場合どちらか一方ではなく、両方の要因が引き金となっていることもあり、症状が現れた場合は早めに治療を開始しないとどんどん悪化していってしまうので注意が必要です。