老人性うつとは?

老人性うつとは

老人性うつとは

老人性うつとは 老人性うつ病とは、主に高齢者で65歳以上の方が元気が無かったり、日中ぼーっとしてしまう認知症に似たような病気です。よく認知症と間違われやすい病気で、症状によると、めまい、頭痛、吐き気、耳鳴り等の身体的な体調不良を起こします。病院に足を運んでも、症状による根本的な原因がわからず老人性うつの病気が発見されにくいです。
老人性うつ病は、楽しいときに喜べなかったり、不安や緊張が過度に生じたり、感情のコントロールが困難であったりします。さらに悪化していけば、生きた心地がせず、自殺まで考えてしまう所まで思い詰めてしまいます。
老人性うつになってしまう原因は、環境的な面が関係していて、子どもが独立をして家を出た事や仕事を退職してからの膨大な空き時間がある事が関係しています。他に、配偶者が亡くなってしまったり病気の後遺症なども病気を引き起こすきっかけとなります。解決策では、専門医に相談して人とのコミュニケーションを取ることで予防に繋がります。

老人性うつになるプロセス

老人性うつになるプロセス 老人性うつは65歳以上の人がなるものであり、何となく元気がない、ぼっとしている時間が多いといったことが初期症状として起こるのが特徴です。
老人性うつのプロセスは、心理的や環境的なストレスによって引き起こされることが多く、肉体的な衰えを感じ、気持ちが沈んでしまうこともあります。老人性うつは、頭痛や食欲不振、肩こりや耳鳴りといった全身における症状や、落ち着きがなくなる一方どこにも出かけることが少なくなり、家の中に引きこもりがちになることが起こりますし、他のうつ症状とは違って、不安や緊張を感じ、妄想や身体的な症状を訴えることが多いです。初期の段階は認知症と間違えてしまうことがありますが、認知症との違いは正しいプロセスを追っていくことで治ることができる点にあります。いつもと違う、気分がふさぎ込んでしまう、どこにも出かけたくないなどと感じた時はできるだけ早めに医療機関を受診するようにします。早めに治療を開始することで治りも早くなります。