老人性うつとは?

チェックするには

チェックするには

チェックするには 60代以降の年齢になると、配偶者や友人と生死別することも多く、若い頃に比べると交友関係が減ってくるので孤独を感じている人が少なくありません。
生活習慣病や膠原病、甲状腺疾患などの自己免疫疾患などの持病があると、体調が優れず外出をするのが億劫になることもあります。
精神的なストレスや孤独、病気などが原因で、老人性うつを発症することもあります。
老人性うつの症状は憂鬱な気分が長く続いて、気力や意欲が減退したり、脳の機能が低下して物忘れをしやすくなります。
老人性うつは認知症に似た症状が出ることもあるため、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、問診や診察、カウンセリングなどを受けましょう。
病院やクリニックでうつチェックを受けることで、病気が診断されることが多いです。
老人性うつの場合でも、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などは大変有効なので、内服薬による治療が中心になります。
カウンセリングなどの精神療法を続けることで、改善することもあります。

老人性うつの症状や接し方のポイントについて

老人性うつの症状や接し方のポイントについて 老人性うつは、65歳以上の高齢者がかかるうつ病の呼称で、環境の変化や加齢に伴う衰えや病気によって生じるといわれています。老人性うつは、認知症と間違われてしまい放置されることも多く重症化してしまう場合もあります。具体的な症状としては、頭痛や吐き気、めまい、食欲不振、肩こりなど原因不明の身体的な不調が現れます。また、趣味や娯楽などに興味を示さなくなったり落ち着きがなくなって不安を訴えることが増えることもあります。

個人差はありますが、活動的な人が引きこもっているといった活動状況の変化や身体的な不調は老人性うつの兆候の可能性があるといわれています。老人性うつを患っている方への接し方は、性格や病状によって異なりますが、本人の訴えに対して否定したり励ますことは避けて、辛い状況を共感してあげることがポイントです。本人が安心して生活できるように孤独を解消したり、生活環境を調節することも効果的といわれています。