老人性うつとは?

カウンセリングで対応

カウンセリングで対応

カウンセリングで対応 うつというのは仕事や育児のストレスに悩まされる人の病ですが、そうした仕事や育児をリタイアして、のんびり暮らしているはずの老人でもかかることが多いものとなっています。老人性うつというのは、今まで忙しくしていた人が定年によって急に暇になったりして、やりがいを失くしてしまったことから発生することも多く、無気力になってしまったことが原因になっているということがあります。また、誰とも話さないことで引きこもりになってしまい、さらにうつの症状が酷くなってしまうこともあるので、カウンセリングを利用することも大事です。
誰かに気持ちを吐露することで心がすっきりしますし、また脳も働かせることになりますから、老人性うつはそうした脳を活性化させることにも役立つものです。無気力状態の老人性うつはそのまま認知症になってしまうこともありますし、認知症の症状も早めてしまうことがあるので注意が必要です。カウンセリングで早期解決させましょう。

老人性うつの症状と早期に病院へかかること

老人性うつの症状と早期に病院へかかること うつ病というのは若い人に多い病気という印象が強いですが、実際にはどの年齢の人でもかかる事がある精神の病気です。特に、最近増えているというのが老人性うつです。
環境の変化をはじめ体の衰え、そして病気の発病などから気分的にすぐれないことが増えて、老人性うつを患ってしまうという人は多いといいます。気の所為であると軽く考えず、出来るだけ早く病院にかかって治療を受けることで、症状の悪化を防ぐことができるのです。老人性うつの症状は、痴呆によく似た症状が現れます。被害妄想や身体的な不調、そして強い不安に襲われることが多いと言われています。若い人に多い精神的なうつ状態とは異なり、身体的な不調を訴えることも多く、頭痛や肩こりと言った症状に合われることも多い病気がこの老人性鬱なのです。家族と暮らしている場合には、できるだけ家族が早期に気づいてあげることで、症状の悪化を防ぐことができるのです。妄想が増えたら病院にかかってみましょう。