老人性うつとは?

心の風邪の情報が満載!

老人性うつの症状は治る?

老人性うつの症状は治る? 会社のためにと家族をなげうって仕事にがむしゃらに取り組んでいた方ほど、老人性うつにかかりやすいと言われています。
定年退職して一気に目標もやることも無くなってしまったのです。
養うべき子供が独立したり妻が亡くなったりといった際も危険です。
家で1日中ボーっとしていたり何となく元気がなさそうだったりという時には要注意、認知症だけでなく老人性うつも疑ってみてください。
更に頭痛や肩こり・吐き気など身体的不調も頻繁に起こしているなら、正しくうつの症状です。
老人性うつは治る病気です。
精神科や心療内科など専門の病院で早期治療を行えば、また元気や気力を取り戻すことが出来るのです。
一般的なうつ病と同様に抗うつ剤を服用することもありますし、精神療法を行ったり環境を整えて活力を取り戻せるよう工夫してあげたり専門医の指導の元で適切に処置を行いましょう。
もしも放置しておいて進行すると自殺してしまう危険性もあるので、素人判断でやるのは危険です。

老人性うつの症状の対処方法にはなにがあるのか

老人性うつの症状の対処方法にはなにがあるのか 65歳以上になると、自分自身も体の衰えを感じ記憶力も低下してきます。
老化に伴うもので誰でも起こりうることですが、症状が重くなると老人性うつなどのうつ状態を引き起こすこともあるので、日ごろから自分としっかり向き合うことが大切になってきます。
老人性うつの症状は、頭や肩が痛い、耳鳴りやしびれがするなどの体の不調を訴えることが多く、吐き気を感じたり食欲不振に陥ったりすることもあります。
心の方にも変化が生じ、なんとなくだるい、何もする気にならない、出不精になるといった状態が多くなります。
老人性うつは認知症とは違うので、適切に治療を開始すると軽快していくので心療内科を受診すると良いでしょう。
老人性うつを軽くしていくには、精神、環境、薬物といった療法を試みます。
環境的なことが要因となっていることが多いので、無理をしない程度に居場所を作ってみる、外に連れ出して散歩を楽しむなどの方法を行ってみます。
この場合、頑張れ、という言葉をかけないようにしましょう。
頑張れ、という言葉はさらに悪化させてしまうきっかけとなってしまいます。